Published on 10月 5th, 2015 | by 管理人

祖父が倒れていた

IMG_2545遺品整理を考えていますというお電話を頂きました。

現地の状況を教えてくださいというお返事をして、見積もりに伺いました。

お話を伺うと市営団地に一人で祖父が住んでいたとのこと。1年に数回ぐらいしか連絡を取らずにいたということで、祖父は床に倒れて数日が経っていて亡くなっていたそうです。

 

床に人の形をした血の跡が有りました。

 

今では慣れてしまいましたが、まだこの案件を行う経験は乏しかったので私は絶句。部屋中に血の臭いがしていました。

 

家族の方は、「なんでもう少しこまめに連絡をとっていなかったのだろう」とか少し後悔した様子でもありました。

それよりも心が痛かったのが、近所に住んでいた子供の言葉。

「船長さん死んじゃったの?」

 

あだ名だったのかな。近くの子どもとはよく遊んでいたんでしょうね。

 

そうだね、でも家族が迎えに来たから大丈夫だと思うよ。と声をかけてあげたら、私もお参りに行きたい。と言っていました。

 

 

この仕事は日々人生について考えさせられます。

 

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑